自動車免許を取得する際、普通免許(MT)とAT限定、どちらが良いのでしょう

>

お勧めはAT車!免許取得費用が安く期間も短い

EV車とドライバー高齢化と運転免許

EV車(電動自動車)が急速に発展しているのは何故でしょう?
まず、バッテリーのコスト低減化と容量(走行時間)の性能アップでしょう。
また、一般のエンジン車の部品点数が約3万点、EV車はその半分と大変なコスト
ダウンが図れそうです。ただし、充電スタンド等のインフラの整備に相当お金が掛かりそうですね。ドライバー高齢化等の為の安全運転サポート車等とEV車の相性の良さ。
二酸化炭素の排出量の大幅な減少効果も大きいですね。
まだ、先になるでしょうが「自動運転車」もEV車の先に控えているでしょう。
そうなると自動車運転免許証の在り方も変わって来るでしょう。
ドライバーの健康状態や飲酒状況なども車がチェックするでしょう。
そんな時代ももうすぐですね。
因みに余談ですがEVショックなる経済危機が噂されているそうです。
車の部品点数が半分になると下請け関連はオートマチックでリストラ。
時代の変遷は判らないですね。

まとめ・MT車とAT車と自動車免許

随分、話が横道に逸れたようですので現代に話を戻して運転免許についてまとめましょう。
ズバリ!お勧めは「AT限定免許」です。
MT車は全体の1%位しかないらしいですので、MT車を運転する機会はほとんど無いでしょう。
AT免許は取得する際の費用も時間も少なくて済む。
後でどうしてもMT車に乗りたければ「AT限定解除」にすれば良いでしょう。
これからの自動車は何処に向かっているのでしょう。
電動化、コネクテッド、自動運転技術に象徴される、いわゆる現代の自動車とは別物の乗り物になっていくのでしょうね。自動車ではなくタイヤのついたドローンの様になるのでしょうか。
車が「所有」から「利用」へ大きく変わっていることは確実ですね。
だったら、楽に、安く利用しようではありませんか。「AT限定」ですね。


この記事をシェアする