自動車免許を取得する際、普通免許(MT)とAT限定、どちらが良いのでしょう

MT車?AT車?どちらの運転免許を取得した方が良いのか

運転が楽なAT車に対してMT車は何故存在するのでしょう

MT(マニュアルトランスミッション)と、AT(オートマティックトランスミッション)の外見的な違いについて見てみましょう。 MTはペダルが3個(アクセル/クラッチ/ブレーキ)、ATには(アクセル/ブレーキ)2個だけですね。 3個より2個の方が運転は簡単そうですし実際簡単です。 AT限定免許の存在理由ですね。

結局、免許取得にはMT/ATどちらが良いのでしょう

問題を纏めますと「楽な運転」「燃費」「出力」の3点に絞られるのではないでしょうか。 まず「燃費」に関してはメーカーの努力でかなり良くなって来ています。 「出力」に関しては電動車、ハイブリッド車の登場で全く変わってきました。 小さなモーター2個でガソリン車の3500cc位のトルクを出してきています。

お勧めはAT車!免許取得費用が安く期間も短い

今時、MT車を運転する機会が、どの位有るでしょうか。 趣味性の強いスポーツカーでも買わない限り、無いのではないでしょうか。 求人広告を見ても、「要、普通車免許(AT可)」が殆どですし、バス・タクシー等も今はATになって来ています。 こだわりが無い限り「AT限定免許」で良いのではないでしょうか。

免許取得にあたりMTとATではどう違うのでしょう

まずは歴史的にMT車が古くから主流でした。
後にAT車が開発されましたが故障が多く燃比が悪く価格も高かった様ですね。
AT車は構造的にも複雑で修理代も高いです。高級車のAT修理代で結構な国産中古車が買える位です。内部は芸術的な構造をしています。
それとMT車の存在価値で大きいのは燃比の問題です。燃比が非常に良いのです。
今でもヨーロッパの様に高速道路無料でスピード規制も緩い国では圧倒的にMT車が多い様です。ですからスポーツカーやレーシングカーは、ほとんどがMTミッションを積んでいますね。
何故、燃費が良いのでしょう。MT車の運転経験が有る方はお判りでしょうがスタートの際クラッチを踏んで微妙にエンジンの回転を滑らせて走り出しますよね。
理由はエンジンの回転数が低いときは力(トルク)が小さいのです。
クラッチをドンと離すとスタート出来ずにエンジンストップしてしまいます。
しかし、走り出してしまえばギヤーチェンジ以外はクラッチペダルから足を離して走れます。エンジンの力が1:1でタイヤに伝わるのです。
では、何故AT車はクラッチ無しでスタートできるのでしょう。ATミッションの中にはシリコン系のオイルが入って居りその摩擦で動力を伝えています。
ですから、常にエンジンの力が微妙に滑ってロスしているのです。
エンジンのトルクは一定域の回転数の所で最高値を出します。レーシングカーの様な高出力なエンジン程この回転域が狭いのです。ですから、かなり高回転になってからクラッチを滑らせてスタートするのですね。高回転になると高出力になります。
これでは街の渋滞時では運転できませんね。そこでAT車の台頭です。